クレジットカード現金化を疑われた際の対処法や言い訳について

もはやクレジットカード現金化は男女問わず多くの人が行っています。
中には違法ではないかと不安に思い、せっかくの素晴らしいサービスに手を出すことを躊躇する人も少なくありません。
しかしクレジットカード現金化は決して違法ではないのです。
ただ、だからといって無制限に行って良いものなのかというとそうでもありません。
ここでは、クレジットカード現金化を疑われてしまった場合の対処法などについて解説します。

クレジットカード現金化が疑われるとはどういうことか

はじめに、のところでも触れましたがクレジットカード現金化は違法ではないため安心してサービスを利用して良いのです。
しかし、クレジットカードを発行している会社の利用規約に違反してしまう可能性を考えなければなりません。
利用規約をしっかり読んでいる人は分かるかもしれませんが、基本的にカード会社ではクレジットカード現金化を認めていないのです。
それにもかかわらず現金化をしていると、カード会社に怪しまれたり疑われてしまい利用者に連絡がいくことになります。
実際、疑われたことで現金化ができなくなっただけでなく今までの残高を一括で支払うように命じられた人も多くいます。
疑われる人がいる一方で疑われずに日々を過ごしている人もいますが、果たしてその違いは何なのでしょうか。

なぜ疑われてしまうのか

ここでは、なぜカード会社から現金化を疑われてしまうのか、その原因について解説していきます。
まず現金化の流れから見ていきますが、業者を利用する場合申し込みをしてから希望額に応じた商品を購入するようにその業者から求められます。
カード決済で購入後に、現金が口座に振込まれるわけですがこれにはショッピング枠を使用します。
そのため、ショッピング枠の残高さえ残っていれば基本的には誰でも利用できるのです。
実はカードにはショッピング枠だけでなくキャッシング枠というものもあり、簡単に言えばこれによってお金を借りることができます。
しかしキャッシング枠を使いきってしまっていて、現金化にまで手を出している人に対してカード会社は疑いの目を向ける傾向にあります。
なぜなら、キャッシング枠を利用できない状態で現金を手に入れるにはクレジットカード現金化が手っ取り早いからです。
もちろんキャッシング枠を使い切った人が全員、現金化を利用するわけではないでしょうが確率的に現金化をする可能性が高い、とカード会社がデータとして持っているとも言われています。

また、支払いを滞納している人も疑われることが多くなります。
そもそも滞納している人はカード会社から現金化に関係なく、不信感を抱かれていますのでできるだけ遅延や滞納をしないように意識しなければならないのです。
ちなみに、滞納を続けていると重いペナルティを背負うことにもなりますのでしっかり支払えるかどうか計画した上で現金化をするようにしましょう。
さらに、いわゆる換金率が高い商品を繰り返し購入している場合も疑われてしまいます。
カード会社はどういった商品が現金化に使われているのか、しっかり把握しています。
きちんとその商品を自分で使うならば全く問題はないのですが、やはり換金率の高いものは購入者がどのような意図で購入したにしろ疑いの目を向けてくるのです。
換金率が高い商品というのは例えば、ブランド品や最新のゲーム機器、新幹線の回数券などです。
新幹線の回数券はかなり前から現金化に利用されているということもあり、繰り返し回数券を購入しているとカード会社から連絡がくるかもしれません。

もし疑われたら、どう対処すれば良いか

現金化を疑われたらどうすれば良いのか、実は対処法が明らかにされているので確認しておきましょう。
まずは、当たり前のことですが現金化が目的だとは言わないことです。
カード会社から連絡がくると、この商品はどういう目的で購入したのか、などと問われることになります。
その際に現金化のためです、と正直に答えてしまうと一発アウトとなりペナルティを背負わされてしまうでしょう。
これまで一度も嘘をついたことが無いという人でも、現金化を疑われた際には嘘をついた方が良いです。

正直に話したからと言ってカード会社に許してもらえるということはありません。
現金化が目的ではないことをはっきり伝えれば、それ以上問い詰めることは通常はありませんのでその時だけ嘘つきになりましょう。
ただ、いくら現金化が目的ではないことを伝えてもカード会社の中にはどういう目的で、何に使うのかなど商品の詳細を聞いてくる場合もあります。
これにしっかり対応できないと現金化をしたと見なされてしまいますので、事前に対応できるようにシナリオ作りをしておかなければなりません。
利用目的はもちろんのこと、商品名や形状、色などまで頭の中でまとめておけば大丈夫です。

どうすればカード会社に現金化がバレないか

現金化をしている人の中には、これまで一度も疑われたりバレることがないという人もいます。
では、そういった人たちはどのようにして対策をしているのでしょうか。
その方法ですが、例えば現金化をする際にあまり高額でやらないことです。
換金率が高い商品は高額な場合が多いため、カード会社は高額商品を購入した人への監視を強める傾向にあります。
そのため、できるだけ高額での現金化は避けるのがベストなのです。

例え希望額が大きくても、一度の現金化で達成せずに何回かに分けて手続きをするのが理想の現金化と言えます。
また、利用者が多く大手の現金化業者を利用するのも素晴らしい対策です。
最近ではかなり多くの業者があるため、どうしても換金率が高いところや魅力的なキャンペーンを実施しているところを利用してしまうのではないでしょうか。
それでも問題はないのですが、疑われたくないというのであればこれまでカードトラブルを一度も起こしていない業者を利用すると良いでしょう。
公式ホームページなどにカードトラブルゼロ、などと記載してありますので確認は簡単にできます。

現金化がバレた時にどう言い訳すべきか

先ほどは疑われた場合の対処法を解説しましたが、ここでは商品別にカード会社にバレた時に切り抜ける言い訳を紹介していきます。
まずは現金化の中でも多く取り扱われているブランド品からです。
ブランド品を購入して疑われた場合、「友達へのプレゼントです」というだけでOKです。
いくらカード会社でもその友達の名前や本当にプレゼント用なのかまで、追うことはできません。
それでも心配な人は、ここでもシナリオを考えておいた方が良いでしょう。
あるいは、「テレビで好きな芸能人が使っているのを見て、自分も欲しいと思った」というのも悪くありません。
この場合も、芸能人の名前やどういうテレビ番組だったのかまでまとめておくとバレる確率はかなり低くなります。

次に、新幹線の回数券での現金化がバレた時を見ていきます。
上述の通り、回数券はかなり厳しく監視されている商品であるためしっかり言い訳を考えておく必要があります。
この場合の言い訳としては、「遠くに住んでいる彼女に会いに行くためにまとめて購入した」あるいは「友達と旅行するので私が人数分まとめて購入しました」というのが良いでしょう。
特に彼女に会いにいく、というシナリオはあまりにもプライベートなことでもあるためあまり突っ込んで聞いてくる会社は多くはないと言われているためおすすめです。
女性の場合は、当然彼氏に会いにいくという設定でシナリオ作りをしましょう。
ここでは言い訳を紹介してきましたが、カード会社も年々別の角度から購入者を攻めてくると言われるようになっています。
あまりにもテンプレートな言い訳ばかりでは通用しなくなることもありますので、購入者側も言い訳をそのまま使うのではなくブラッシュアップする努力が求められるかもしれません。

まとめ

クレジットカード現金化はお金が必要な人にとって、神様のようなサービスだと言えます。
そのため、どうしても繰り返しやってしまいがちなのですがここで解説した通りカード会社の監視の目をすり抜ける必要があります。
もし上手く対応できない場合、カード会社からカードの強制解約や利用の一時停止などの措置を講じられることになります。
そうなるとブラックリストに登録され、現金化で利用したカードだけでなくその他のカードさえ新たに作れなくなる可能性もありますのでどういったリスクがあるのかを事前に確認しておくようにしましょう。
対処法や言い訳さえ意識しておけば、突然連絡がきても慌てることなく対応することができます。

関連記事